症状別

腰部椎間板ヘルニア

あなたは今、このようなことで
お悩みではありませんか?

もう大丈夫です!

当院には腰椎椎間板ヘルニアでお悩みの方が多く来院されて、改善に導いている事例が数多くあります。

腰椎椎間板ヘルニアは放っておくと手術が必要なほど悪化する可能性があります。

症状が強くなると、下半身のしびれにより排尿障害を引き起こすこともあるので注意が必要です。

一人で悩まずに、当院まで気軽にご相談ください。

腰部椎間板ヘルニアとは?

腰椎椎間板ヘルニア(腰椎ヘルニア)は、腰にある背骨と背骨の間にあるクッション(椎間板)が飛び出して神経を圧迫することで激しい痛み・しびれが出る症状です。
で悪化することで知られています。
早いと20代、主に40代以降の男性に起こりやすい症状です。

腰から足にかけて、
などの症状が現れます。

当院の「腰部椎間板ヘルニア」に対するアプローチ

腰椎椎間板ヘルニアの

改善のために原因を
だと考えています。

ポイントになってくるのは「骨盤の歪み」「股関節のねじれ」「不良姿勢(前後のバランス)」です。

バランスが崩れると、腰が丸くなり姿勢が崩れます。
その原因のほとんどは、普段の姿勢や体の使い方などによる、仕事や日常生活による癖です。

そこで当院では、
を行い、早期の痛み改善、動きやすい体作り、再発予防を目指します。

一番良くないことは、痛みや違和感を感じたまま「大丈夫かな」と、そのままにしておくことです。

もしあなたが、腰椎椎間板ヘルニアでお悩みなら、ぜひ当院の施術をお試しください。